カープファン必見!チケットが格段に取りやすくなる方法! 今すぐ確認

セ・パ交流戦通算成績まとめ!歴代最強球団を紹介

毎年5月下旬から6月中旬ごろまでおこなわれるセ・パ交流戦は2005年より開始され、今年で17回目(2020年は新型コロナウイルスにより開催中止)を迎えます。

そこで今回の記事では、過去16回開催されたセ・パ交流戦の通算成績を振り返り、最も優勝しているチームはどこなのかをご紹介します。

各リーグで今は低迷しているチームでも、交流戦から勢いづくのはよくあることです。

後半戦を占う交流戦を、過去のデータから一緒におさらいしましょう。

TOC

セ・パ交流戦通算成績まとめ!リーグ勝利数

まずは過去の勝敗と、優勝リーグをおさらいします。

優勝優勝リーグから見た勝敗
2005年パ・リーグ105勝104敗7分け
2006年パ・リーグ108勝107敗1分け
2007年パ・リーグ74勝66敗4分け
2008年パ・リーグ73勝71敗
2009年セ・リーグ70勝67敗7分け
2010年パ・リーグ81勝59敗4分け
2011年パ・リーグ78勝57敗9分け
2012年パ・リーグ67勝66敗11分け
2013年パ・リーグ80勝60敗4分け
2014年パ・リーグ71勝70敗3分け
2015年パ・リーグ61勝44敗3分け
2016年パ・リーグ60勝47敗1分け
2017年パ・リーグ56勝51敗1分け
2018年パ・リーグ59勝48敗1分け
2019年パ・リーグ58勝46敗4分け
2020年中止
2021年セ・リーグ49勝48敗11分け

過去に開催されたセ・パ交流戦では、16回中14回がパ・リーグの勝ち越しで終わっています。

セ・リーグが初めて勝ち越したのは2009年、2度目は2021年の2回だけです。

しかも勝ち越した数も2009年は3勝差(セ・リーグ70勝、パ・リーグ67勝)、2021年はたった1勝(セ・リーグ49勝、パ・リーグ48勝)でした。

通算成績で見ると、セ・リーグは1015勝、パ・リーグは1146勝と、100勝以上の差が付いてしまっています。

ちなみに、余談ではありますが、同じリーグ対抗であるオールスターゲームも、セ・リーグ80勝、パ・リーグ86勝とパ・リーグが勝ち越しています。

セ・パ交流戦通算成績!チーム優勝数

次に各年度の優勝チームをご紹介します。

優勝チーム勝敗
2005年千葉ロッテマリーンズ24勝11敗1分
2006年千葉ロッテマリーンズ23勝13敗
2007年北海道日本ハムファイターズ18勝5敗1分
2008年福岡ソフトバンクホークス15勝9敗
2009年福岡ソフトバンクホークス18勝5敗1分
2010年オリックスバファローズ16勝8敗
2011年福岡ソフトバンクホークス18勝4敗2分
2012年読売ジャイアンツ17勝7敗
2013年福岡ソフトバンクホークス15勝8敗1分
2014年読売ジャイアンツ16勝8敗
2015年福岡ソフトバンクホークス12勝6敗
2016年福岡ソフトバンクホークス13勝4敗1分
2017年福岡ソフトバンクホークス12勝6敗
2018年東京ヤクルトスワローズ12勝6敗
2019年福岡ソフトバンクホークス11勝5敗2分
2020年中止
2021年オリックスバファローズ12勝5敗1分

過去におこなわれた16回の交流戦のうち、14回をパ・リーグ球団が優勝していますが、そのうち8回を福岡ソフトバンクホークスが優勝しています。

開催された交流戦の半分を福岡ソフトバンクホークスが優勝しているというのは、驚異的な数です。

次に優勝回数の多いチームは千葉ロッテマリーンズ、オリックスバファローズ、読売ジャイアンツの各2回です。

残りの2回は北海道日本ハムファイターズと東京ヤクルトスワローズです。

セ・パ交流戦通算成績!MVP選手

交流戦では終了時に、期間内で最も活躍した選手をMVPとして表彰します。

歴代の表彰者は以下の通りです。

選手名(敬称略)所属チーム
2005年小林宏之千葉ロッテマリーンズ
2006年小林雅英千葉ロッテマリーンズ
2007年ライアン・グリン北海道日本ハムファイターズ
2008年川崎宗則福岡ソフトバンクホークス
2009年杉内俊哉福岡ソフトバンクホークス
2010年T-岡田オリックスバファローズ
2011年内川聖一福岡ソフトバンクホークス
2012年内海哲也読売ジャイアンツ
2013年長谷川勇也福岡ソフトバンクホークス
2014年亀井善行読売ジャイアンツ
2015年柳田悠岐福岡ソフトバンクホークス
2016年城所龍磨福岡ソフトバンクホークス
2017年柳田悠岐福岡ソフトバンクホークス
2018年吉田正尚オリックスバファローズ
2019年松田宣浩福岡ソフトバンクホークス
2020年中止
2021年山本由伸オリックスバファローズ

基本的に優勝したチームからMVPは選ばれていますが、2018年は優勝チームが東京ヤクルトスワローズで、MVP受賞者は吉田正尚選手でした。

またセ・リーグからの受賞者は、2012年と2014年の読売ジャイアンツの2名だけです。

2度の受賞を果たしているのは、福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手のみです。

セ・パ交流戦通算成績!歴代最強球団を紹介まとめ

ここまでセ・パ交流戦のデータをご紹介しましたが、歴代最強球団となれば福岡ソフトバンクホークスしかありません。

16回開催されたうちの8回を優勝し、2度のMVPを受賞した柳田悠岐選手も所属しているので、圧倒的な強さを誇っています。

2022年の交流戦順位予想でも多くの方が1位予想をしていますし、昨年11位という雪辱を晴らすためにも奮起することは間違いありません。

パ・リーグがどれだけ勝ちを重ねられるか、セ・リーグがどこまで勝利数を詰められるか、注目ですね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

Let's share this post !
TOC
閉じる