カープファン必見!チケットが格段に取りやすくなる方法! 今すぐ確認

甲子園は何回勝てば優勝?予選と合わせて最大と最少をそれぞれ紹介

甲子園 何回勝てば

毎年夏に開催される全国高等学校野球選手権大会は、甲子園出場を決めた高校が注目されがちですが、各都道府県で地方大会が行われていることをご存知でしょうか?

ボールン

2021年に全国高等学校野球選手権大会へ参加した高校は、3603校でした。

そのうち、甲子園の晴れ舞台に立てるのはたった49の代表校(北海道は南北、東京は東西、それぞれから選出)だけです。

さらに勝ち続けて、その夏に一度も負けなかった高校が唯一の優勝校となれるのです。

そこでこの記事では

・甲子園は何回勝てば優勝できるのか?
・予選も合わせて最少はどのくらいか?
・予選も合わせて最大はどのくらいか?

について解説をしていきます。

さらには勝ち続けなければいけない甲子園で、最多の勝利数を収めている高校も最後にご紹介しています。

この記事の筆者情報

野球歴15年以上で小・中学校は県の選抜指定選手に選ばれ全国大会に出場。
高校では県内有数の強豪校に所属し甲子園出場。
大の野球好きでシーズン中は毎週プロ・高校野球を観戦!

TOC

甲子園は何回勝てば優勝?

夏の甲子園に出場するには、地方大会で優勝した1チームが、甲子園に出場できます。
※同じ県内でも東西に分かれている場合は県内で2校出場可能

では、優勝するまでに何度勝てばよいのでしょうか。

先に結論を言うと

【甲子園】
優勝まで5勝~6勝

【地方大会】
甲子園出場まで4勝~9勝

ナインくん

同じ地方大会って言っても2倍以上違うこともあるんだね!

ボールン

県によって野球部がある高校の数が違うからなんだよ!

まずは地方大会から順に解説していきます。

地方大会

2021年大会に参加した高校は、3603校でした。

当然、これは全都道府県へ均等に分けられているものではなく、多い地域もあれば、少ない地域もあります。

2021年大会で最も参加校が多かった県は、愛知県の179校、次が神奈川県の176校、大阪府の167校、千葉県と兵庫県の157校でした。

反対に参加校が少なかった県は鳥取県の22校です。

ボールン

ちなみに、2021年大会は前回大会である2019年大会と比べて127校減少していました。(2020年大会は新型コロナウイルスの影響で中止)

では、地方大会で最多の出場校だった愛知県大会で優勝するには、何試合を勝てばよいのかというと、約9試合です。

「約」というのはシード権や記念大会などでは少なくなり、出場校の数によっては増えることもあるからです。

2018年に行われた第100回記念大会では、地方大会で参加校が多かった上位7府県(愛知県、神奈川県、大阪府、千葉県、兵庫県、埼玉県、福岡県)を2地区に分けました。

全国大会に出場できる枠が56校に増えたため、必然的に試合数も減りました。

最大試合数が愛知県の9試合、では最小出場校である鳥取県の試合数はというと、約4試合になります。

こちらもシード権などに入っていれば、もっと試合数を少なく甲子園に挑めます。

甲子園

甲子園の出場校の数は北海道、東京から2校ずつ出場の49校になります。

先述もしましたが、100回記念大会では他の府県からも2校ずつ選出され、56校が出場しました。

ナインくん

通常大会では49校が出場します。

その場合、

甲子園優勝するまでに戦う試合数は5~6回になります。

夏の甲子園にシード権はありませんが、出場校数の関係で2回戦からの登場となるチームがあります。

そうして2回戦から出場したチームは、優勝までの試合数が5回になるのです。

甲子園で最多勝利数をしている高校はどこ?

最大で15勝、最小で9勝すれば全国制覇となるのが、甲子園です。

では、その甲子園で最も多く勝利を収めている高校はどこでしょうか。

夏の甲子園で最多の勝利数を収めている高校は、中京大中京高校です。

中京大中京高校は最多の出場校数を誇る愛知県の学校で、勝利数は78勝、優勝数も7回と2位の龍谷大平安高校の61勝、広島商業高校の優勝6回を上回っています。

ベスト8は7回、ベスト4には6回なっており、準優勝が一度もないのが不思議な特徴です。

出場数は28回ですので、出場すれば高確率でベスト8以上になっています。

ボールン

勝率は7割を超え、これは歴代8位の成績です。

また、夏の甲子園だけでなく、高校野球として行われている他の大会でも中京大中京高校は多くの優勝を収めています。

春の高校野球こと、センバツ高校野球での優勝数は4回、夏の高校野球では7回、国民体育大会と呼ばれる秋の大会では4回の優勝をしています。

更に明治神宮大会でも、前身大会も含めて過去2度の優勝を収めており、中京大中京高校の通算優勝回数は17回と、高校野球の中で最も多い回数です。

これらの3大会、または4大会を全て制覇した年はありませんが、それでも継続して勝ち続けられる中京大中京高校を、今年は注目してみてはいかがでしょうか。

まとめ

最多で15回、最小で9回勝てば全国制覇となるのが夏の高校野球です。

地方大会はその地方に住んでいなければ中々見る機会がありませんが、インターネットで中継されている場合もありますので、興味を持った方は視聴してみてはいかがでしょうか。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

Let's share this post !
TOC
閉じる