カープファン必見!チケットが格段に取りやすくなる方法! 今すぐ確認

日本ハムキツネダンスの曲名は何?歌詞の意味や原曲は誰が歌っているのか紹介

キツネダンス 曲

2022年より北海道日本ハムファイターズのイニングの間で使用され、SNSで話題の「キツネダンス」をご存知でしょうか?

キャッチーなメロディと簡単なダンスで印象に残り、球場でのダンスを投稿した動画は100万再生を突破しています。

ナインくん

最近よくテレビで見るから人気だよね!

この記事では

・キツネダンスで使われる曲名は何か?
・キツネダンスの歌詞や原曲

について紹介をしていきます。

ボールン

ついマネしたり口ずさむ人が続出中だよ!

この記事の筆者情報

野球歴15年以上で小・中学校は県の選抜指定選手に選ばれ全国大会に出場。
高校では県内有数の強豪校に所属し甲子園出場。
大の野球好きでシーズン中は毎週プロ・高校野球を観戦!

TOC

日本ハムキツネダンスで使われている曲は何?

キツネダンスで使用されている曲名は「The Fox」です。

日本語に訳してもそのまま、「キツネ」ですね。

国によっては「What does the fox say?」というタイトルが付けられていますが、直訳すると「キツネは何て鳴いているの?」になります。

日本ハムのイニング間で踊られるキツネダンスで使用されている楽曲は、新規のものではなく2013年にリリースされたものです。

ナインくん

ダンスのために作られた曲ではないんだね!

歌っているのはノルウェー人のYlvis(イルヴィス)で、2人組のコメディアンです。

Ylvis(イルヴィス)というのはいわゆるコンビ名で、ヴェガードさんとバードさんの兄弟コメディアンです。

元々ノルウェーでは「I kveld med YLVIS」という番組の司会者として知られていましたが、この曲をリリースしたのをきっかけに更に人気が広まったと言われています。

ボールン

You Tubeに公開されているMVは10億回再生を突破するほどすごい人だよ!

またこのダンスもMVで踊られているものと同じなので、繰り返し視聴している間にダンスも覚えられます。

日本ハムキツネダンスパフォーマンスのきっかけは?

北海道日本ハムファイターズのスポーツとエンターテイメントの融合を企画している方によると、企画自体は2年ほど前からあったそうです。

そもそも北海道日本ハムファイターズの本拠地である北海道で有名な動物といえば、キツネですよね。

北海道日本ハムファイターズのマスコットキャラクターである、フレップ・ザ・フォックスも、キツネがモチーフのマスコットキャラクターになっています。

キツネ繋がりで楽曲がそのまま「キツネ(The Fox)」なのですから、まさにぴったりな曲だと言えます。

またThe Foxは曲のキャッチーさも耳に残りますが、ダンスが簡単だったというのも選ばれた理由のようです。

ナインくん

マネしやすい方がファンと一緒に楽しめるもんね!

キツネダンスのダンスは小さく飛び跳ねるシーンはあるものの、特に難しい足のステップなどはありません。

ボールン

ダンスのほとんどが上半身だけで完結するので、球場の座席という限られた空間の中で踊るのには適していたといえます。

更に日本では親指、中指、薬指の先端を重ね、人差し指と小指を立ててキツネを作るという手遊びがあるので、それを作るだけでも参加している気分になれます。

これらのことからキツネダンスはまさに、北海道日本ハムファイターズで行うイベントに適したダンスでした。

日本ハムキツネダンスの曲の歌詞を和訳

SNSなどでも言われていますが、The Foxの歌詞に意味はほぼありません。

歌詞をしっかり見た人たちからは最高に意味がわからない、適当すぎるなどと言われています。

ボールン

コメディアンの方が作っているので、笑えるという意味では正しいですね。

全ての歌詞を乗せることはできないので、歌詞の大まかな意味をご紹介します。

冒頭は犬、猫、鳥、ネズミ、牛、カエル、象、アヒル、魚、アザラシの鳴き方を真似しています。

そしてキツネは何と鳴くのだろうか? という疑問を持ち、あの高く耳に残る音が繰り返されます。

4回ほどそれが続いてから、キツネの特徴を上げていきます。

そして天使が変装しているくらいに美しい君(キツネ)とコミュニケーションをとりたいと思うけど、どうやってコミュニケーションをとればいい? と疑問を持ち、また鳴き声を繰り返します。

森の中にいるキツネはミステリーで、隠れているのは知っているが、なんて鳴くのかを知らない、キツネの鳴き声を知りたいと言いつつ、高い声を繰り返します。

かなり大雑把にご紹介しましたが、要約するとこんな感じです。

つまり、「What does the fox say?(キツネは何て鳴いているの?)」なのです。

この歌詞を見た方は、途中に入る明らかにありえない鳴き声に思わず突っ込んでいました。

また、冒頭で様々な動物の鳴き声も真似されていましたが、魚の鳴き声がブクブクになっているのも、キツネの鳴き声より気になるという声もありました。

ナインくん

やっぱり歌詞に深い意味はないみたいね!

しかし耳に残り、面白いという評価をされているところから、コメディアンの方が作った面白い楽曲としては正しいのでしょう。

ちなみにこのキツネダンスが何回から見れるのか?については以下の記事で解説していますので参考にしてくださいね!

まとめ

今回は、日本ハムキツネダンスの曲名は何?歌詞の意味や原曲は誰が歌っているのか紹介について紹介しました。

最後にまとめると、

キツネダンスで使用されている曲名は「The Fox」です。

歌っているのはノルウェー人のYlvis(イルヴィス)で、2人組のコメディアン

キツネという共通点と、簡単なダンスから瞬く間に広まっていったのがキツネダンスです。

他球団の選手やマスコットも巻き込み広がりを見せているキツネダンスは、交流戦でセ・リーグにも広がっていくと思われます。

是非あなたも、キツネダンスを覚えて踊ってみてはいかがでしょうか。

Let's share this post !
TOC
閉じる